行政書士の仕事は行政官庁向け書類全般!その数実に一万超!

ところで、今まさに行政書士試験受験生という方であっても、その仕事内容を正確に把握できていないケースというのは意外に多いのではないでしょうか?
何となくは知っているつもりでも、如何せん「具体的に」と言われると分かりにくい行政書士のお仕事内容。
これから行政書士を目指す皆さんのために、本ページでご紹介しておくことにいたしましょう。


【 行政書士の仕事のメインは“代書屋” 】

行政書士の仕事として、一般的に抱かれているイメージと言えば「様々な書類の作成代行」だと思います。
行政書士の仕事のメインとしてはまさにその通りで、各省庁、都道府県庁、市・区役所、町・村役場、警察署にあてた申請書類等を顧客に代わって作成し、提出する業務が主であると言えます。

行政書士が仕事として、一体どんな書類を扱うかといえば、飲食店の開業手続きや会社設立の手続き、相続に関わるもの等、その数はおよそ1万種類以上にも及ぶと言われています。

「行政書士の仕事ではなかなか食えない」「たかだか代書屋稼業では仕事にならない」等と言われることも多いのですが、これほど多岐にわたる書類を扱うことができるのは行政書士ならではであると言えます。
顧客へのアプローチや営業方法によってはかなりの業務量が見込めるのでは、と思えるのはおそらく私だけではないはずです。


【 コンサルや執筆、講師等、行政書士の仕事は幅広い 】

行政書士の仕事は、上に挙げた「書類の作成代行」のみにとどまりません。
専門的な知識を活かして相談業務に注力する方、試験突破を目指す受験生のために指導にあたる講師業、一般の方向けの実用書の執筆に携わる方など、ひと口に「行政書士」といっても専門知識の活かし方には様々な手法があります

行政書士の仕事に着目した皆さんには、ぜひご自身なりの展開で頑張っていただきたいと思います。
皆さんは、何を強みに開業するでしょうか?可能性は無限大です!

>次の記事へ