行政書士事務所開業で年収UP

行政書士の資格を取り、いずれ独立開業する事を考えている人も多いでしょう。 雇用不安や経済不況で将来に希望を持ちづらい時代になっています。その中で自らの技術・ 能力・知識を生かし可能性を見出していくには独立開業がひとつの方法だと思います。

もちろん競合も多く開業当初から仕事がどんどん舞い込んでくるような事はありませし、 待っていても仕事は来ないので積極的に自分から仕掛けていかないといけません。 ただ成功すればサラリーマンでは考えられない収入、仕事のスケジュール管理など すべて自分の意思で決められるので、毎日充実した生活を送る事も出来ます。

この不景気な時代で安定した収入を得る為には、今までのように企業に勤めているから 安心できる時代ではありません。常に自分を高め個人としての力を付けていかなければ 行けないと思います。そこで有効なのが行政書士の資格です。

行政書士のメリットの一つに自宅で開業できるので少ない資金で独立することが出来ます。 行政書士登録(20万円程かかる)さえすればいつでも行政書士としてスタートを切ることが出来ます。もちろんいざスタートとなるとパソコン、電話、FAX、プリンター、最低限の事務用品など必要なものもありますが、今あるものはそのまま使えます。当面の生活資金を用意して 置く事も必要ですが、他の仕事では考えられないほど低予算で開業する事が可能になります。

開業のポイント
開業するに当たってポイントがあります。当たり前の話ですが、出来るだけ経費を抑えることです。高価なパソコンを買ってみたり、好リッチな場所にある家賃の高い事務所を借りて見たりと様々な事を想定して、あれもこれもそろえてしまう方がいますが、実際に仕事を始めてみれば意外と必要なかったという物が多いものです。今あるのはそれを使い必要な物が出てくれば、 その時に用意すれば良いだけです。事務所を運営するに当たって毎月の固定費がネックになってくる時が必ず来ますので、とにかくはじめは必要最小限で始めましょう!

次に一番大事な仕事の依頼についてです。別ページで説明しましたが、開業当初は仕事の依頼は少ないものです。ですので、開業する前から色々な人に声を掛けて、一件でも仕事の約定を取って開業すれば気持ちを楽にスタートできます。仕事を受注し、実務をこなし、入金を確認する。この一連のフローを早めに経験しておけば自信にもなり仕事のモチベーションを上げる事が出来ます。

又開業はしないで就職して見たいという方がいますが、最終的には独立を目指してください。この業界はライバルが多く良い人材もたくさんいるので、最悪はリストラされ再就職の不安を持つことになります。安定的な収入や仕事を確保するためにはあなた自身の力で頑張ることです。

>次の記事へ