社会保険労務士の年収はいくらか?

社労士の年収は厚生労働省の発表で平均して500~600万くらいになるそうです。 もちろん独立開業している方、会社員として活躍している方など形態は様々です。 私の知り合いで開業して5年目で900万円程稼いでいる方もいます。

もちろんもっともっと稼ぎたい人はきめ細かい営業で新規開拓していけば可能になるでしょう!私は現在行政書士として仕事を行っているのですが、社労士の資格を生かし行政書士と 併用してさらなる収入アップに繋げて行きたいと思っております。

社労士の特徴は、就職するにも有利な事があります。給与・労務・社会保険の書類作成・ 提出書類の手続き代行などの仕事が求められていて企業の人事や総務のスペシャリストとして活躍することが可能になります。 もちろん独立したい方も低予算で自宅に開業できるのでとても有利になります。但し社労士の 場合、試験に合格したからと言って社労士とはすぐに名乗る事が出来ません。

通常、社労士登録をしなければいけないのですが、社労士登録するには登録条件があります。2年以上の実務経験 もしくは、事務指定講習を受講する必要があります。まったく経験がない方は後者の方に なります。出来れば社労士の場合、専門的な知識と経験が必要な為、企業で経験や人脈を作ってから独立開業することをオススメ致します。

もちろん自信があればはじめから開業するのも 可能です。中小零細企業の需要はまだまだありますし、行政書士や税理士などの資格と併用していけば、より仕事を獲得出来るチャンスがあります。だたし顧客が企業となり社労士としての経験がない場合は緻密な営業が必要になるので、開業当初から仕事を獲得するのが難しいと思います。ですので、経験がない方がいきなり独立を目指すなら、当面の生活資金を確保して はじめる覚悟が必要です。

今後も需要が増える社労士
現在、不況により派遣切りのような雇用形態の問題、年金未払い問題等、国会でも議論されるほど話題になっています。このような社会不安が続いている中で社労士としての役割が今後も重要になっていく事と思います。

例えば労働形態・賃金関係のトラブルによるコンサルタント業務、不安な年金の手続きに関する代行業務など需要が増えてくると思います。さらにこれらの法律のインフラも整備され改正されて来る事が予想されますので、より社労士の重要性が高まるでしょう!
ですので、今何の資格を取るか迷っている方はこの資格を取ることでキャリアアップに 繋がり仕事の幅が増え、将来安定的な収入を確保することが出来るようになります。 現状の仕事や収入に関して不安がある方は一度目指しても損はない資格になると思います。

>次の記事へ