宅建取得でどのくらい年収が上がるのか?

宅建そのもの自体では年収にあまり関係してこないようです。会社によっては、1~5万円 程度の資格手当てがあるらしいのですが、ほとんど年収には直接的に関係してこないと 考えて良いでしょう!宅建を利用して自分の力で仕事の実績を上げていくことが年収アップ に繋がると思います。宅建は土地売買・賃貸契約や法律・税金に関してなど、不動産の専門知識を身に付ける資格で自分のキャリアアップとして取得する事が多いとされています。

宅建を取ることにより就職・転職時の強みになりますし、入社後も会社の指示で取得する事も 多いので、この資格があるだけ採用してくれる会社もあるそうです。もちろん昇進にも大きく関与してきます。 宅建取得者は不動産関係の方が多く平均年収を調べて見ると500~600万円くらいになるそうです。もちろん、会社や経験年数、実績、役職などによって大きく差があると思いますが、私が調べた限りではその位でした。

ただ今は不動産不況で、大手の会社の倒産も増え、厳しい状態だと思います。少しずつ立ち直りの傾向があると言っても今現在の平均年収を調べるともっと低くなっている可能性があります。一昔前は、高額な成果報酬を取り入れている企業もたくさんあり年収数千万円と言う人がザラにいたと聞きます。今はだいぶん落ちたのでしょうけど、それでもまだまだ高い年収を維持している業界でもあります。また宅建を取って町の不動産屋さんとして 独立し成功している方もいるので魅力的な資格といえます。

では年収を上げる為にはどのように宅建を利用していけばよいのでしょう! まず宅建がなければ不動産売買・賃貸の営業は出来ても契約を交わすことはできません。つまり不動産業で実績を上げるには必要不可欠になります。その他にも住宅メーカー・建設業はもちろん金融業界でも重宝される資格です。私は現在の仕事で不動産について聞かれることが多く、顧客のニーズに対応して行く事が重要になりますので、自分の付加価値を付けるため宅建受験を検討しています。

ただし宅建は簡単に取ることの出来ない資格です。難易度は高く、毎年20万人以上の受験者がいて合格率も15%前後と決して高くありません。しかし通信・通学を利用して効果的な勉強を毎日2~3時間程度確保していけば合格に近づいていくことでしょう!

現在不動産業に不安を頂いている方も多いと思いますが、今後中古物件の市場が伸びると予測されていますので、まだまだ可能性のある資格です。宅建を利用して自分を高めながら将来の雇用や年収の安定に役立てることは可能だと思います。今は必要なくても将来に向けてきちんとした対策を取っておくことが大切になります。

>次の記事へ