行政書士の年収、本当のところ一体いくら??

行政書士の資格を取得して、仕事はあるのか?年収はどのくらいになるのか?年齢によって違うのか?本当に年収を稼ぐことができるのか?、とても気になるところですよね。
ここでは私の行政書士としての年収を公開し、どうやってその年収をたたきだしたのか、を簡単に紹介します。はっきりいって、行政書士は「年収が稼げる資格」です!

私はここの通信講座で合格しました。ここの講師の方は、自分で行政書士の事務所を開業しています。講義には実務の話もでてきて、大変興味深く、開業して役立ったこともありました。最近いくつかの口コミサイトを見ても評判が高いようでしたので、一緒に紹介しておきます
通信教育フォーサイトの行政書士講座

【行政書士としての働き方と年収】
一口に行政書士として働くといっても、働き方は多種多様。私の周りにも
・行政書士事務所のスタッフとして働いている人、
・官公庁に努めている人、
・自宅でアルバイト程度に書類をこなす人、
・事務所を開業して独立して本業としている人
などなど様々な方がいます。。
ですので、実際「行政書士の資格」の年収はバラツキがあり未知数なのが本当のところ。

しかし同業同士ではあちらこちらからやはり年収の話は漏れ聞こえてきます。
聞くところによれば、年収100万円程度の方から数千万円稼いでいる方もたくさんいるようです。

【私と友人の年収】
参考までにお話しすると、私の自身は行政書士として個人で事務所を開設していて、平均して600~800万円です。多い時では1000万円に上ったこともありました。友人の行政書士の年収は個人で開業していて大体500~700万円くらい。もちろん私も友人も、ここにくるまでにかなりの努力をしてきました。それは資格を取った後、行政書士としての仕事を獲得する「営業努力」です。

頑張り次第では、普通のサラリーマンでは考えられないほどの年収を稼ぐことも十分可能です。私の知る限りでも成功している行政書士はたくさんいます。それだけ年収を稼ぐポテンシャルは高い資格であることは間違いありません。
一方で、行政書士として独立しても、仕事の依頼がなく廃業に追い込まれる方もいます。行政書士とはいえ、商売です。資格だけ持っていても成功することは出来ません。当然ですね。


【行政書士として年収アップをするのに必要なこと】
ではどうすれば行政書士として、年収をアップすることが出来るのか?
ずばり、自分の得意とする専門分野を作ればいいのです。
行政書士の仕事内容は書類作成が主体。他の行政書士と仕事そのものでは差別化を図ることが難しいといえます。(書類のフォーマット、書き方が決まっているため)しかし、行政書士が扱える書類の数は数千種類以上あります。その中で自分が得意とする分野を確立すれば、●●の書類ならあいつにお願いしたほうがいいですよ、と他の行政書士から仕事がまわってきたりもするのです。専門性を高めることです

私も開業当時は、何でも出来ますというスタンスでしたがなかなか仕事を取るのに苦労しました。経験を積み重ねたり、先輩の行政書士からのアドバイスで、専門性が大切だと気がつきました。

また、年収アップには人脈も大切です。
開業当初は、ほとんどの行政書士が知り合いから仕事を紹介してもらっています。開業前からたくさんの人と積極的に交流を持っていることがベストです

人付き合いがあんまり得意ではない…
そんな方も多いかもしれませんが、そんなに難しく考えないでください。
人脈の作り方にもポイントがあります。
この人と仲良くしておくと自分にとってプラスだな、と思ってもらうだけでいいのです

例えば相手の方が携わる業界の情報を、新聞やインターネットで見つけたら提供してみる。これだけでも十分です。そこから仕事の話につながるケースもたくさんあります。
言う間でもないですが、依頼を頂いたお客様は大切に。自分の利益ばかり求める仕事は長続きしません。依頼頂いた仕事以外の事もこなすくらいの気持ちでいれば良いと思います。
どんな仕事でも良い仕事は次に繋がりますし、紹介にもつながります。


行政書士の仕事で稼ぐために、特別に難しいことはありません。そして、サラリーマンよりは確実に稼ぐポテンシャルがあるといえます。扱うことのできる書類の数がとにかく膨大ですから、独立開業型の資格として年収アップに少しでも興味があるなら、おすすめします。

前述もしましたが私はこの通信講座を使って行政書士の資格をとりました。ここの講師の方は、自分で行政書士の事務所を開業していておもしろいです。一緒に紹介しておきます

>次の記事へ